本文へスキップ

株式会社ゲブラナガトヨは“ガーデニング用花苗生産、鉢花、育種、種苗販売、青果物生産を行う生産会社です。

TEL. 0297-86-2346

〒300-1405 茨城県稲敷郡河内町田川381

太陽の子 高級フルーツほおずき



太陽の子(高級食用ほおずき)とは
「観賞用の赤い実のほおずきとは違うの?」と、思われる方がほとんです。海外(フランスやイタリヤ)では食用として身近に
食されてます。

近年、国内で急激に生産流通され身近に食べれるようになりました。
中でも太陽の子はスーパーフードと呼ばれてます。南米ペルー高原原産種な為、ペルー高原と富士見町の気候が似てること
から栽培が可能です。暖地・平地では結実できず、高原生産に限られてるため希少です。

八ヶ岳高原で生産されてる太陽の子は、標高1,100m特有の寒暖の差が自然と柔らかく甘みがあり濃縮されるのが特徴です。
害虫もつかず無農薬で栽培してますので安心です。

糖度が13~15度あり甘みと酸味のバランスが特徴で、国内流通する中で高級フルーツに分類するほど希少な品種です。


美容・美肌に
食用ほおずきには、美肌に効果的なビタミンA、ビタミンCや鉄分が豊富に含まれてます。また、イノシトールがとても豊富で保湿や肌のハリに効果が期待できます。
実際調理中、手や肌に付着したほうずきのエキスで実感できると思います。
また、イノシトールは肝臓に脂肪が溜まりにくくしてくれるほか、コレステロールの流れをよくして動脈硬化を予防したり、
リン脂質の重要な成分として脳に栄養を送る役目も担うといわれています。




生のほおずきの可食部100g当たりの成分
エネルギー 67kcal         ビタミンA  720IU           無機質
水分    83.9g                     B1 0.11mg     カルシウム 7.2mg
タンパク質 1.8g                       B2   0.04mg              リン    43.2mg
脂質    1.2g        C  11mg                 鉄     0.78mg
炭水化物  12.3g          ナイアシン  1.77mg
灰分    0.8g
日本食品標準成分表には記載がないため、アメリカのデータを参考にしています。

ネットショップ、ポケットマルシェより購入できます。こちらからです。

収穫する弊社社長   
   
 糖度は13~15度 出荷パッケージ 
   


品種の紹介とレシピ動画でご案内しております。


バナースペース

株式会社ゲブラナガトヨ
















〒300-1405
茨城県稲敷郡河内町田川381

TEL 0297-86-2346